2021.09.08

証明写真用の就活メイク|好印象まちがいなしの就活メイクをご紹介

就活における身だしなみの一つとして、“メイク”が挙げられますが、就活ではどのようなメイクが適しているのか?と疑問に思う就活生もいると思います。就活ではナチュラルメイクが適しているにしても、就活生によってナチュラルの度合いや顔のタイプが異なるため、具体的にどのような就活メイクを施せばいいのかわからず悩む就活生は多いでしょう。そこで今回は、就活の中でも証明写真のときの就活メイクについて触れていくので、ぜひ就活にお役立てくださいね!

 

 

 

 

 

企業説明会や面接など、企業の人と会う時の身だしなみのためにメイクを施すことが就活でのマナーです。

 

しかし、就活の証明写真となると企業の人に直接会うわけではないことから、『証明写真を撮る時のメイクは必須なのか?』と疑問に思う就活生もいるかと思います。

 

結論から言えば、就活の証明写真にメイクは必須です

就活の証明写真を撮影する時、メイクをしている・メイクをしていないことで違いが出てきます。

 

 

表情一つで印象が大きく変わることと同様で、就活メイクによる印象も大きく異なり、就活生の身だしなみや人柄が伝わります。もし証明写真で就活メイクをしていない場合、企業側からすると『社会人になる意識を感じられない』という印象が残るかもしれません。

反対に、証明写真で就活メイクをしている場合、メイクによって顔色が明るく見え血色感がアップすることで、採用担当者に好印象を与えることができます。

 

 

「証明写真を撮る時もとりあえずメイクすればOKなんだね!」そう思っている人はちょっと待ってください。

ただメイクをすればいいわけではないです。基本的なメイクの仕方をおさえた上で、就活の証明写真を撮る時のメイクを考えなくてはなりません。

人に直接会うわけでも、オンラインの対面でもありません。証明写真ということは、撮影時のフラッシュや撮影場所によって証明写真の出来栄えが変わる可能性もあります。そのため、思っている就活メイクよりも血色感をプラスさせることなどを考えたメイクが大切です。

 

証明写真用と意識したメイクにすることが大事だということをお伝えしましたが、具体的にどのような就活メイクをすればいいのかわからないかもしれません。

 

そこで次に、就活の証明写真ではどのようなメイクにすればいいの?と思う就活生に向けて、証明写真用の具体的な就活メイクについてご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

証明写真用の就活メイクをご紹介する前に、まずは証明写真用の就活メイクのポイントをおさえておく必要があります。

証明写真用の就活メイクのポイントをおさえた上で、具体的な就活メイクについて見ていきましょう。

 

〈証明写真用の就活メイクでおさえておくべきポイント〉

  1. 美容部員(ビューティーアドバイザー)に見てもらう
  2. ナチュラルメイクに血色感をプラスさせる
  3. 応募する企業や業種に合わせて就活メイクの仕方を考える

 

まず①ですが、美容部員にみてもらう方法です。

美容部員とは、百貨店や化粧品専門店、ドラッグストアなどで化粧品に関するお客様の相談やアドバイス、販売、実際にメイクを施す職業です。メイクを知っているつもりでも、まずは美容部員に見てもらうことで自分に合った就活メイクや証明写真用の就活メイクとして最適なメイクを知ることができます。

また、基本的なメイクの仕方を間違って覚えているかもしれないので、非常に参考となります。

 

②については、「就活メイクのステップ」のところでご紹介します!

 

③は、業種ごとの雰囲気や社風に合わせた就活メイクを意識するということです。例えばアパレルや理容・美容系であれば、華やかさやトレンドを加えること、事務などの堅実さを求められるような業種であれば、濃いメイクは避けるなどを考える必要があります。

 

では次に、証明写真用のおすすめ就活メイクをご紹介していきます!

 

 

証明写真用の就活メイクとして肝となる部分はベースメイクです。

直接肌になじませるメイク用品となるため、自分の肌に合っていないメイク用品や不自然な色は避けましょう。元々肌が白い就活生は、自分の肌と同じくらいのベースメイクに仕上げることで、白くなりすぎません。ベースメイクには多くの種類や色があるので、美容部員に見てもらうことが最適です。

 

 

証明写真は正面から撮るものなので、眉毛のバランスが大切です。目・鼻・口・骨格のバランスに合わせたアイブロウを意識しましょう。

眉頭→小鼻の延長線上

眉山→黒目の外側と目尻の間の延長線上

眉尻→小鼻と目尻を結んだ延長線上 

この法則が“美眉の黄金比”なので、アイブロウを施す前に余分な眉毛は処理をしておきましょう。

アイブロウにも様々な色がありますが、基本的には黒~暗めのブラウンを選ぶことが身だしなみとして最適です。

また、パリッとした印象を与えたい場合は眉山を少しはっきりさせ、全体的に少しだけ濃くアイブロウを施すこと、反対に柔らかい印象を与えたい場合は、暗めのブラウンでカーブをつけて施すなど、アイブロウの施し方による印象の違いが生まれます。

 

 

証明写真用のアイメイクは、目を大きく魅せるようなナチュラルメイクにしましょう。

アイラインやアイシャドウ、マスカラはアイブロウ同様に黒~暗めのブラウンを使用し、薄めに仕上げることで、自然なメイクで目に印象を持たせることができます。

アイラインはまつ毛の隙間を埋める程度に、アイシャドウは目に近づくにつれ濃くなるようにグラデーションを作り、マスカラは何回もつけることは避けることでダマにならずに施せます。

 

 

証明写真用の就活メイクでは、チークとリップで血色感をプラスしましょう!

証明写真では、フラッシュや背景の明るさにより普段よりも顔が明るくなるため、チークとリップを少しだけ濃く施すことで丁度いい具合に映えます。

チークとリップはオレンジ系やピンク系を選び、色を統一させましょう。

 

証明写真用の就活メイクのご紹介をしましたが、証明写真の就活メイクで気を付けるべきことも実は多いです。

そこで次は、証明写真でNGとなる就活メイクをまとめたので、必ず把握しておきましょう!

 

 

=合わせて読みたい『就活メイク』に関連する記事=

就活女子必見!就活メイクで好印象ゲットするためにできる秘訣3選

 

 

 

 

 

 

 

あなたが就活メイクをするとき、何のために就活メイクをするのか考えたことはありますか?

証明写真用の就活メイクでどのようなメイクがNGとなるかをまとめてみたので、撮影前には確認しておきましょう!

 

 

「おしゃれやトレンドを満喫したい!」「証明写真のフラッシュで色が飛んでしまうから…」といって、派手・濃いメイクは避けましょう。

自分では派手・濃いと思っていなくとも、周りからはどういう印象を持たれているのかわからないため、美容部員に見てもらうといいです。

 

 

就活において、つけまつげやまつエクはNGとなる身だしなみです。

証明写真ならわからないかも・・と言っても気づかれる可能性があるため、避けましょう。

ナチュラルに仕上げられるつけまつげやまつエクもありますが、取れてしまう場合や違和感のある場合が考えられるので避けるべきです。

 

 

ラメやキラキラしたもの、光沢の強いもの、シャドウを入れることは、おしゃれやトレンドのためと感じられるので避けましょう。

証明写真となるとどのように映るかわからないので、ナチュラルメイクを意識することが大切です。

また、目尻よりも長くアイラインをひくことは派手・濃いメイク、おしゃれ・トレンドにつながるので気を付けましょう。

 

おしゃれや自己満足のために就活中でも関係ないようなメイクをしてはいませんか?

 

就活のルールとしての身だしなみのためですので、証明写真でNGとなる就活メイクをしっかりと把握しておきましょう!

 

=合わせて読みたい『就活の証明写真』に関連する記事=

就活写真|就活で使用する証明写真の撮り方と好印象ポイントを解説

 

 

 

 

 

 

今回は、証明写真での就活メイクについて触れましたが、普段メイクをしない・あまりメイクをしたことがない就活生は、基本的なメイクの仕方を覚えておく必要があります。

書類選考の段階(今回は証明写真)で好印象を与えておくことで次の選考に進みやすく、今後の就活や社会人としてもつながるのです。

また、トレンドの影響により様々なメイクをしがちな就活生もいるかもしれません。

しかし、就活ではメリハリをつけて適した身だしなみにすることが大切です。

証明写真に限らず、就活や社会での場をわきまえた、身だしなみを心がけましょう!

 

弊社では、就活サポートのサービスを行っているプログラミングスクールとして、LESALTO(リザルト)を運営しております。

スムーズな就活にしたい!や、就活に対して不安な気持ちがある就活生は、ぜひLESALTOの活用をおすすめします。

 

 

※学生さんは全て無料でご利用いただけます。

 

 

勤務地などの希望条件をお伺いした上で、非公開求人を中心に最適な企業をご紹介しております。また、面接対策や履歴書作成のアドバイスをはじめ、転職で必要となるサポートをご提供いたします。

 

 

新人研修の講師経験もあるプロが作成したカリキュラムをもとに学習を進められます。実践的な内容になっていますので、確かな効果を実感いただけます。また、全てオンライン上で学習できるため、空き時間を使いながら自分のペースで学習できます。

 

 

現役のエンジニアを中心に、メンターが学習をサポートします。学習での疑問点や気になる点、また不安に感じることはチャットでご質問・ご相談が可能です。利用回数は無制限ですので、メンターサポートをどんどんご活用ください!

 

一緒に納得のできる就業先を見つけましょう!