2021.09.22

男女別|就活中のパーマはOK?パーマが与える印象と就活中の注意点

就活での身だしなみに関するマナーとして「これってどうなのだろう?」と疑問を抱く就活生は多いでしょう。就活中の身だしなみの一つ髪型では、男女共通で黒髪、目にかからないような髪型などが一般的ですが、“パーマ”はどうでしょうか。パーマにも色々ありますが、ゆるめのパーマならいいのではないかと思う就活生もいるかもいれません。そこで今回は、就活中のパーマについて解説していくので、ぜひ就活にお役立てくださいね。

 

 

 

 

 

Web上で「就活 パーマ」と検索をかけてみると「NG」「避けるべき」などの関連ワードを多く見かけます。

なぜ就活中のパーマは避けるべきと言われているのでしょうか。

 

 

就活中のパーマは、パーマをしていない就活生よりも清潔感が薄れてしまいます。

就活では、マナーを守った上でおしゃれや流行の取入れは問題ありませんが、パーマはどうでしょう。

就活にはフォーマルな身だしなみが適切なため、ゆるいパーマだとしても、パーマは清潔感や誠実さが薄れ、おしゃれ感が出てしまいます。

ただし、アパレルや美容師など、職種や企業によってはパーマがOKとされる場合もあります。

 

 

就活中、パーマをかけることで信用性が感じられません。

就活にふさわしくないことをすることで、企業側から信用性を失ってしまいます。

パーマをかけている就活生を見ると“遊びたい・おしゃれを楽しみたい”と感じられ、「社会人になる意識がなさそう」「入社後が心配」などと不安な要素になるのです。

ただしパーマの中でも、ストレートパーマは髪をまっすぐにするため清潔感が感じられます。

 

身だしなみは大きく印象を与えるものであり、その印象次第で企業からの評価が変わってきます。

パーマをかけることで就活が不利に働く可能性もあるので、就活にふさわしい身だしなみを心がけることが大切です。

では次に、パーマをかけたまま就活に臨む就活生に向けて、就活中のパーマの注意点を解説します!

 

=合わせて読みたい『就活中の髪型』に関連する記事=

第一印象は髪型で決まる!就活中の髪型のポイントとは?~女性編~

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

 

中にはパーマのままで就活に臨む就活生もいるかもしれません。

もしパーマをかけた状態で就活をする場合、どのような点に注意するべきか男女別で紹介していきます。

 

 

  • 強めのパーマは避け、ゆるめのパーマであれば整髪料を付けてまとめて清潔感を出しましょう。
     
  • 男性の髪の長さは、特に前髪が目にかからないよう注意しましょう。短髪である方が爽やかで清潔感が感じられます。
     
  • 少し長さがある場合や癖毛の場合は、整髪料の付けすぎに注意し、少量で自然にまとめましょう。

男性のパーマの場合は、ゆるめのパーマであれば整髪料で自然にまとめておでこを見せるようなスタイリングにしておくと爽やかです。

 

 

  • 髪をまとめて目立たないようなパーマであれば問題ありませんが、パーマをかける位置や強さによってはパーマが目立つので気を付けましょう。
     
  • お辞儀をしても髪が落ちないように、ヘアゴムやヘアピンなどを使用してまとめましょう。
     
  • 前髪が長いと暗い印象を与えてしまうので、前髪を横に流すか後ろ髪とまとめることですっきりとした印象になります。

女性のパーマの場合は、毛先であればパーマが強くてもお団子にしてしまえば目立ちませんね。

 

どうしても髪型にこだわりがある場合は、髪型自由とする職種に絞り込む必要があります。

 

では次に、就活中のおすすめの髪型に関してご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

=合わせて読みたい『就活中の髪型』に関連する記事=

第一印象は髪型で決まる!就活中の髪型のポイントとは?~メンズ編~

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

 

パーマスタイルが就活に向いていないという事実もありますが、パーマで就活するにせよ、就活では第一印象を重視した髪型がポイントになります。

では、就活中の第一印象を良くするためにはどんな髪型がよいのでしょうか。

 

 

まず就活では第一印象が大切であり、第一印象で選考の評価に大きく影響します。

第一印象で好印象につなげられれば面接を有利に進められます。しかし、良くない印象を与えてしまうと挽回するには難しいです。

そんな大きく左右する第一印象で、パーマをかけたまま就活に臨むのはもったいないのです。

 

 

就活で第一印象を良くする髪型は、清潔さが感じられる髪型にすることです。

就活では、第一印象が評価に大きく影響することをお伝えしましたが、第一印象で何が重要かと言いますと「清潔感」です。

寝癖があることや髪が顔にかかるような髪型ですと、どんなに内面が良くてもマイナスな評価につながる可能性があるのです。

そのため、就活で第一印象を良くするためには、以下に気を付けましょう。

 

 

就活における髪色は7トーン以下であり、明るい髪色の場合は暗く仕上げましょう。

 

  • 業種や職種によっては髪色や髪形自由とされる場合もあるので、求人情報を確認しましょう。
     
  • 髪が顔にかかるような長さは邪魔になり、身だしなみにはふさわしくないので顔にかからないようにしておきましょう。
     
  • 内面をしっかりと見てもらうためにも、社会人になるための意識を持ち、就活にふさわしい身だしなみにすることが大切です。

 

=合わせて読みたい『就活中の髪型』に関連する記事=

就活での髪型|髪型が与える印象と好印象につなげるポイントを解説

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

今回は、就活におけるパーマについて解説しましたが、就活でのパーマは基本的にNGだということがわかりましたね。

職種によっては髪型が自由な場合もあります。しかし、だからと言ってどんな髪型でもいいのかと言うと、そうではありません。

誠実さや社会人になる意識を持って就活に臨むことが大切なので、「髪型自由」との表記や案内がない限り、基本的には就活にふさわしい髪形にしましょう。

清潔さが感じられるように日頃のヘアケアをしっかりと行い、面接の前日・当日には髪のダメージを抑えることで、パーマをしていても清潔感を与えられます。

 

弊社では、就活サポートのサービスを行っているプログラミングスクールとして、LESALTO(リザルト)を運営しております。

スムーズな就活にしたい!や、就活に対して不安な気持ちがある就活生は、ぜひLESALTOの活用をおすすめします。

 

 

※学生さんは全て無料でご利用いただけます。

 

 

勤務地などの希望条件をお伺いした上で、非公開求人を中心に最適な企業をご紹介しております。また、面接対策や履歴書作成のアドバイスをはじめ、転職で必要となるサポートをご提供いたします。

 

 

新人研修の講師経験もあるプロが作成したカリキュラムをもとに学習を進められます。実践的な内容になっていますので、確かな効果を実感いただけます。また、全てオンライン上で学習できるため、空き時間を使いながら自分のペースで学習できます。

 

 

現役のエンジニアを中心に、メンターが学習をサポートします。学習での疑問点や気になる点、また不安に感じることはチャットでご質問・ご相談が可能です。利用回数は無制限ですので、メンターサポートをどんどんご活用ください!

 

一緒に納得のできる就業先を見つけましょう!