2021.09.14

就活メールの件名|件名だけで好印象?デキる就活生はメールから!

就活では、人事担当者やOB・OGの方など、メールを使って連絡をやり取りすることが多々あります。プライベートでは何気なく送っているメールですが、就活において注意することはないのでしょうか。今回は、就活メールの件名に焦点を当てて、件名だけでも印象が変わるメール作成のポイントをご紹介します。

 

 

 

 

 

就活に限らず、メールを作成する際は「どのような内容にしようか」と、本文に意識がとられてしまいがちです。しかし、メールの大きなキーポイントは、実は「件名」なのです!

その理由をご紹介しましょう。

 

ビジネスパーソンは、日々、たくさんのメールに目を通します。コロナ禍で対面でのビジネスがままならない昨今では、メールは相手と円滑に業務を進めるための必須ツールであり、会社のメールを自分の携帯電話と同期して、いつでもチェックできるようにしているビジネスパーソンも数多くいます。

 

公私ともに大量のメールをチェックしているビジネスマンにとって、最初に目にするメールの件名は、優先順位を決定するファーストインプレッションです。

丁寧で内容の分かりやすい件名のついた就活メールを目にすると、メールを受けた側が送った側の意図を理解しやすく、次のアクションを起こしやすくなります。

一方、雑な件名の就活メールだと、優先順位が下がったり、最悪の場合は大量のメールに埋もれてしまい、目を通してもらえないことさえあります。

 

このように、就活メールでは「件名」を付ける際は十分注意しなければなりません。それでは、実際に就活においてメールする際に、件名を作成する時のポイントにはどんなものがあるでしょうか。

 

=合わせて読みたい『就活メール』に関連する記事=

就活メールの署名|就活で使えるメール署名の作り方とおさえたい注意点

 

 

 

 

 

 

 

実際に就活メールの件名を作成する時、どのようなポイントや注意点を意識すればよいのでしょうか。

 

 

確実に相手に開封してもらえるように、件名を読んだだけでどんな用件を伝える就活メールなのかがわかるような件名にします。

 

 

件名に、学校名と自分の名前を加えると、メールを受けた側がわかりやすく、探しやすくなります。

 

 

用件の日時や期日を入れた件名にすると、優先順位がつけやすく、後日メールを検索しやすいというメリットもあります。

 

 

メールを受けた側に何をしてほしいのか、概要がわかる件名であれば、メールを開封する前から受けた側が何をすればいいのかがわかります。「どんなメールなのか」がひと目でわかるように、内容を簡潔にまとめた件名になるよう意識しましょう。

 

逆に言うと、

・開封しないと内容が分からない

・誰からのメールかわからない

以上のような件名のついた就活メールでは、評価やイメージが下がってしまうので注意しましょう。

 

例えば、

・件名がない

・「お世話になっております」

・「至急ご確認をお願いいたします。」

といった、件名はNGです。「至急」「重要」は、相手が決めることです。なるべく使わないようにします。

 

また、㈱のような略称や①などのカッコ付きの囲み文字は、PC環境によって文字化けする可能性がある機種依存文字です。文字化けしてしまうとなんのメールかわからず、受け手は開封するのをためらってしまいますので、使用は避けましょう。

 

=合わせて読みたい『就活メール』に関連する記事=

企業から届く就活メールへの返信方法と気をつけたいマナーをご紹介

 

 

 

 

 

 

 

最後に、用件別に就活メールの件名例を紹介します。

 

 

「OB(OG)訪問のお礼(□□大学 △△)」

 

 

「会社説明会の開催予定のお伺い (□□大学 △△)」

 

 

「【◯月◯日面接日程変更のお願い】 (□□大学 △△)」

 

 

「選考辞退のお詫び (□□大学 △△)」

 

上記の例は、「どんなメールなのか」がひと目でわかり、就活メールの内容が簡潔にまとめられた件名になっています。送信者や、期日、受信者が次にアクションする内容を、就活メールの件名を読むだけでわかります。

 

なお、相手からの問いかけに答える場合は、件名を変えずに「Re: 」を残しておく方がわかりやすくなります。最後に(□□大学 △△)と、学校名と自分の氏名を付け加えます。

また、【】を使用して、視認性を高めることもポイントです。

 

=合わせて読みたい『就活メール』に関連する記事=

就活用にメアドって新しく作った?就活で必要なメアドについて解説

 

 

 

 

 

 

就活メールの件名に焦点を当てて、件名だけでも印象が変わる就活メール作成のポイントをご紹介しました。

メールの件名によって、受け手は緊急度や重要度を判断するため、開封率や対応の優先率が異なってきます。特に、就活に関するメールは量が膨大ですから、企業の採用担当者はかなりの労力をかけて、メールチェックをしています。件名を読むだけで、内容が具体的に把握できれば、評価もイメージも上がることでしょう。

就活においてメールをやり取りする際には、件名に大学名と氏名も付け加えて誰から来たメールかを分かりやすくすることも大切です。

メールのマナーは、社会人になってからも非常に大切なマナーです。相手に気遣いのある件名をつけ、確実に開封してもらえる就活メールにしましょう!

 

 

 

※学生さんは全て無料でご利用いただけます。

 

 

勤務地などの希望条件をお伺いした上で、非公開求人を中心に最適な企業をご紹介しております。また、面接対策や履歴書作成のアドバイスをはじめ、転職で必要となるサポートをご提供いたします。

 

 

新人研修の講師経験もあるプロが作成したカリキュラムをもとに学習を進められます。実践的な内容になっていますので、確かな効果を実感いただけます。また、全てオンライン上で学習できるため、空き時間を使いながら自分のペースで学習できます。

 

 

現役のエンジニアを中心に、メンターが学習をサポートします。学習での疑問点や気になる点、また不安に感じることはチャットでご質問・ご相談が可能です。利用回数は無制限ですので、メンターサポートをどんどんご活用ください!

 

一緒に納得のできる就業先を見つけましょう!