2021.08.23

これを読めばマスターできる!就活初心者のための自己分析のやり方

就活でやるべきことはたくさんありますが、その中でも今回は『自己分析のやり方』について触れていきます。“自己分析ってどうやればいいのだろう?”“就活で自己分析はなぜ必要?”などと疑問や悩みを抱える就活生もいるかもしれません。就活のやり方シリーズ第一弾として、これから就活をスタートさせる就活生に向けて就活での自己分析のやり方について解説するので、ぜひお役立てください!

 

 

 

 

就活では、自己分析や業界・企業研究をして企業の選考対策をしますが、そもそも自己分析とは何かご存知でしょうか?

 

就活における自己分析とは…自分の特徴や強み・弱み、価値観などを分析・理解すること

 

就活における自己分析とは具体的に言うと、例えば部活動で、“どんな成果を残せたのか”、“成果を出すための工夫や努力はどういったものだったのか”、“経験から得た(学んだ)ことはなにか”などということを整理し、就活生自身に関する理解を深めます。

 

では、就活で自己分析はなぜ必要なのか?という疑問に触れていきます。

 

 

 

  • 就活の軸を整理するため

志望する企業に入社するためには、就活の軸を明確にする必要があります。自分に合った業界や活躍できそうな業界、意欲的に働けるかどうか、企業の選定や入社後のイメージ、今後の目標などを自己分析により、就活生自身の目指す方向を定めるのです。

 

  • 選考対策のため

書類や面接などの選考対策として、自己分析を行う必要があります。志望動機や自己PR、長所・短所など、自分のことをわかりやすく伝えられるように、自分の理解を深めることが大切です。

 

もし仮に自己分析を行わなかった場合、就活では次のような影響が出てきます。

 

 

  • 将来や入社後のビジョンが見えない
  • 企業選定に悩む
  • 選考で思うようにできない

自分のことが理解できていないと、就活をスムーズに進めることは難しいです。

自己分析を行うことで、就活や今後につながる大きな役割となりますので必ず自己分析を行いましょう!

 

次は、自己分析を行うことで得られるメリットについて解説します。

 

=合わせて読みたい『自己分析』に関連する記事=

就活は何から進めるべき? 就活のやり方を理解して新卒入社を叶えよう

 

 

 

 

 

 

 

自己分析を行う際、上記でお伝えした“自己分析を行う目的”とメリットを意識することで、就活で何をすべきか明確にすることができます。

就活において自己分析をすることで得られるメリットを3つ紹介しますので、必ず把握しておきましょう!

 

 

自己分析をすることで、自分の適性に合った業界や自分の得意・不得意とすることなどを把握し、企業で働くことや将来のイメージがしやすくなります。自分が何をしたいのか、なにが向いているのかなど、多くの就活生が悩むポイントでしょう。それらを知るために、自己分析は必要不可欠です。

 

 

就活生自身の特徴やそれを裏付けるエピソードを企業や採用担当者に伝えることで、選考の対策と好印象につながります。自己分析により自分の特徴を明確にし、その背景となる具体的なエピソードを盛り込むことで印象アップにもなり、自己分析を十分に行うことで、選考ではスムーズな回答ができるようになります。

 

 

自分自身の理解を深めていないと、企業とのミスマッチの可能性が大きく出てしまいます。入社後、「自分に向いていないな」と感じる新卒社員も少なくありません。そのため、丁寧な自己分析によりそういった事態を避けられるのです。

 

就活における自己分析の目的やメリットを把握した上で自己分析を行いましょう。

 

次は自己分析の方法をご紹介しますので、ぜひお役立てください!

 

=合わせて読みたい『自己分析』に関連する記事=

IT業界を志望する就活生に読んでほしい「就活の軸」のポイントを解説

 

 

 

 

 

 

 

いざ自己分析をしようと思っても、自己分析ってどうやればいいのだろうと悩む就活生もいるかと思います。

そこで、効率的な自己分析の方法としておすすめの5つをご紹介します!

 

 

自分史とは、簡単に言うと“自分自身の過去のこと”です。就活における自分史は、自分のこれまでの経験から、どんなことをしてきて、そこで何があったかなどを確認します。小学生~現在までの区切った表を作成し、その時々の出来事や具体的なエピソード、成果や感じたことなどを書き出す方法です。

 

 

自己分析チェックツール、もしくは適性検査などとしてWebサイトやアプリの活用をすることができます。

質問の回答により、就活生の特徴や適性結果が出る非常に便利なツールです。無料でできるものがほとんどであり簡単にできるツールなので、ほかの自己分析の方法と伏せて活用してみましょう。

 

 

マインドマップとは、自分の考えを具現化するための方法です。自分の考えとして、就活で何を考えているのか、その考えから何を重要としているか、どんな行動をしているかなど、クモの巣状に広げてマップを作成していきます。

 

 

ジョハリの窓とは、自分が認識していることと他人の認識していることのズレを理解できる自己分析ツールです。

ジョハリの窓には4つの枠組みが設定されます。

・開放の窓(自分・他人が知っている共通の自分について)

・盲点の窓(自分は知らない、他人は知っている自分について)

・秘密の窓(自分は知っていて、他人は知らない自分について)

・未知の窓(自分・他人が知らない自分について)

この4つの枠組みを表にし、それぞれの内容を書き出したものがジョハリの窓になります。

 

 

ライフラインチャートとは、過去の出来事や気持ちをグラフに表す方法です。自分の成功や失敗の経験を、幸福度としてグラフ化し、幸福度の理由を書き出していきます。

 

5つの自己分析の方法をご紹介しましたが、どれも自分を具体的に理解・把握し、知らなかった自分について発見することができるかもしれません。

 

=合わせて読みたい『自己分析』に関連する記事=

就活で“将来なりたい自分”を聞かれた時の答え方とポイント

 

 

 

 

 

 

就活において、いかに自己分析をすることが重要かわかりましたね。企業の選考対策も大切ですが、ほかの就活生と差をつけるための印象アップも重要なので、自分の理解を深めるだけでなく企業や業界との適性も必ず分析しましょう。自己分析はもちろん、業界・企業研究も必ず行い、今後の就活をよりスムーズにし、就活を成功させましょう!

 

しかし、就活に対して不安な気持ちを抱える就活生もいるかもしれません。

そんな就活生には、プログラミングスクールをおすすめします。

 

弊社では、完全オンラインで完結するプログラミングスクール、LESALTO(リザルト)を運営しております。

学生のみなさんは全てのサービスを無料でご利用いただけますので、費用の心配なくプログラミングを学習可能です。

 

以下に、LESALTOのサービス内容をまとめていますので、少しでも気になった方はぜひご活用ください。

 

 

※学生さんは全て無料でご利用いただけます。

 

 

新人研修の講師経験もあるプロが作成したカリキュラムをもとに学習を進められます。実践的な内容になっていますので、確かな効果を実感いただけます。また、全てオンライン上で学習できるため、空き時間を使いながら自分のペースで学習できます。

 

 

現役のエンジニアを中心に、メンターが学習をサポートします。学習での疑問点や気になる点、また不安に感じることはチャットでご質問・ご相談が可能です。利用回数は無制限ですので、メンターサポートをどんどんご活用ください!

 

 

勤務地などの希望条件をお伺いした上で、非公開求人を中心に最適な企業をご紹介しております。

また、面接対策や履歴書作成のアドバイスをはじめ、就活で必要となるサポートをご提供いたします。

 

一緒に納得できる就業先を見つけて内定を獲得しましょう!