2021.04.12

道に迷って遅刻しそう!選考当日で発生したピンチのときの対処法|就活

就活中は企業説明会やインターンといった就活イベント、面接などの機会で、普段行かない土地や地元から離れた場所へ行くことがあるかと思います。慣れない土地で道に迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、就活中だけでなく、時間が決められている物事は遅刻をしないのが社会人の常識です。

今回は、もしも就活イベントへ向かう途中で道に迷ってしまい、遅刻しそうになった場合の対処法をご紹介します。

 

 

 

 

 

就活をしていると、初めての連続で様々なトラブルを多くの就活生が経験します。

 

冒頭でも触れましたが、就活生が経験するトラブルの一つとして、道に迷って遅刻してしまいそうになることもあります。

慣れない土地に行けば誰だって道に迷います。スマホ一つで地図が見れる時代になり、すぐに道を調べることも可能になりましたが、地図情報が古かったり、見づらいと意外にも時間が掛かって目的地に中々着くことができないことも…。

 

しかし、道に迷ってしまい遅刻しそうになった時でも、事前に対処法を頭にいれておけば、いざという時に慌てることなく対応することができます。

 

 

 

 

 

まず一つ目の対処法として、企業へ連絡することが大切です。

就活生の中には「道に迷ったという理由で企業に連絡するのは恥ずかしい」「自分一人の力で目的地に着けないようでは選考に影響するのではないか」と感じる人も多いかと思います。

 

しかし、それ以上に連絡をしないことの方が相手に迷惑をかけますし、印象も悪くなってしまいます。

就活イベントの規模に関わらず、企業や他の参加者にも迷惑を掛けてしまうため、遅刻する可能性が出てきた段階で速やかに連絡をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

公共交通機関を使うことで遅れた分の時間をカバーすることが可能ですが、地図だけで迷ってしまうようでは、バスや電車などは更に迷子になる原因になっていまいます。

 

そこでおすすめしたいのがタクシーです。

タクシーの運転手であれば、目的地の名前や住所を言えば目的地へと向かってくれます。

バス、電車よりも料金が高め、渋滞といった道路の状況に左右されるなどのデメリットも考えられますが、道路状況に応じて利用すれば、遅刻を回避できる可能性も大いにあります。

 

しかし、遅刻しそうだったけどギリギリ間に合いそうと思っても、企業への連絡は忘れずにしましょう。

 

なお、都心であればすぐにタクシーを見つけることができるかもしれませんが、地方ではなかなかタクシーを見かけないこともあります。

その時はコンビニやお店の従業員にタクシー会社を聞いたり、ネットで調べてみると良いでしょう。

 

 

 

 

皆さんは就活エージェントというサービスをご存知でしょうか。

 

就活生に合わせた企業の紹介や選考などのスケジュール管理、選考対策など、就活全般をサポートしてくれるサービスです。

 

就活エージェントを活用する就活生は多いです。

今回、お伝えした就活中の遅刻というピンチも就活エージェントを利用していたことで乗り越えられたというケースが実際にあります。

 

就活での選考に向かう途中で遅刻してしまいそうになった時、企業ではなく、就活エージェントに連絡を入れてしまったケースがありました。

 

その結果、遅刻となってしまい選考を受けられなくなったのですが、就活エージェントから企業側に連絡をしたところ、無事選考を受けることができたというケースが実際にあります。

 

就活エージェントの活用は自分とマッチした企業を見つけるためだけでなく、もしものピンチが発生した時でもサポートしてくれます。

 

いざという時に備えて、就活エージェントサービスを利用してみるのもおすすめです。

 

 

今回は意外にも多い、就活シーズンの道に迷ったときの対処法についてご紹介しました。

道に迷うというだけでなく、道をしっかり知りながらも事故や渋滞、時間帯によってスムーズな移動が難しくなります。今回ご紹介した、企業への事前連絡はもちろん、他の移動方法を検討したり、もっと時間に余裕を持って出るなどの対処方法を身に着けておきましょう。