2021.02.22

就活中の配活は効果がある? 配活をするメリットデメリットをご紹介

就活はお望みの企業の内定を得るまでが全て……、というわけではありません。 たとえ第一志望の企業のもとで新卒として働くことになったとしても、自分が思い描いていたキャリアを実現することができなければ、仕事に対しての関心がなくなってしまう恐れがありますからね。 では、内定を得た後で希望する仕事に就くには、一体どうすればいいのでしょう? その答えはズバリ「配活」。これを行うことで、今後の社会人生活で得られる満足感が大きく変わることでしょう。

 

 

 

 

まず、本稿を読む就活生のなかには、「配活」を聞いたことがないという人もいるかもしれないので、最初に配活とは何か解説をしていきましょう。

 

配活とは「配属活動」を意味する言葉で、内定を得ることができた企業にて、新卒就活生(内定者)が希望する支店、部署、職種へ配属されるために、企業に配属願いのアプローチをかける活動をいいます。

 

就活は企業から内定をもらって終了ではなく、その会社で自分がやりたいと考える仕事に就き、“長い社会人生活を費やすことに満足できるかどうかの道を掘ること”が就活の在り方です。

 

つまり、内定を承諾して安心してしまい、いざ新卒入社を果たした後で自分が全く興味のない仕事を任されてしまったら、せっかく魅力的に思って就活した会社にもかかわらず、仕事への関心の薄さややりがいの感じにくさで早期退職・転職を視野に入れてしまう可能性が高くなってしまうこともあり得ます。

 

数ヶ月あるいは1年ほどの学生生活の時間を費やして就活してきたのに、結果的に興味のない仕事に従事するのは嫌ですよね。

こういった可能性を事前に避けるために、就活が落ち着いた段階で、新卒就活生が企業に配活を行っていくのです。

 

=合わせて読みたい『内定式後』に関連する記事=

最近は普通? 内定式後の辞退は本当にできるのか? |新卒

 

 

 

ただ、ここまで読んで「長い時間をかけて準備と対策を行い、選考を勝ち抜いた後で、なぜ配活をするのか」と疑問に思う就活生もいるはずです。

 

結論から言うと、ほとんどの新卒就活生は企業との“ミスマッチ”を恐れているからです。

 

ここ数年、ブラック企業による新卒へのやりがい搾取にハラスメント行為が表面化し問題になってきました。しかし、このような問題がない場合でも、やりがいを全く感じず仕事や社風がツラいと思ってしまうこともあります。この原因の一つには新卒と企業との相性や認識に大きな違いがあることが挙げられます。

 

たとえば、営業に力を入れて体育会系の人間が集まる企業に、インドア寄りの新卒が入社したとしましょう。

性格や価値観が対極ともいえる両者ですが、企業は新卒就活生の挑戦心や探求心に魅力を感じて採用を決め、肝心の新卒就活生は営業ではなく、営業を支えるバックオフィス業務に関心があったとしたら……?

自分の希望とは違った環境に身を置くことになった場合、その人は仕事のギャップが原因で辞めてしまうかもしれません。

 

つまり、新卒就活生にとっての配活とは、自己実現の追求だけではなく、新卒ブランドと働く意欲を失わないための「自衛」が込められた手段とも言えるのです。

 

=合わせて読みたい『配属』に関連する記事=

新卒ガチャ問題?就職してすぐに希望部署に配属になるとは限らない!

 

 

 

 

ここまでの解説でもうお気づきの人もいるかもしれませんが、配活は新卒就活生にとって大きなメリットが生じます。

 

まず第一に挙げられるのは、やはり「自分のやりたいことが実現できる」点でしょう。

どんな新卒就活生であれ、給与や福利厚生、企業の将来性に事業の成長性が気になってエントリーをかけたとしても、長く働くことになるのであれば、自分が興味・関心のある分野に携わりたいと願うはずです。

 

しかし、先ほどの見出しでもあるように、採用を決める企業の思惑や部署の空いているポストなどが影響し、就活生が考えるプランがなかなか叶わないケースも珍しくありません。

ですが、希望が確実に通るとは言えないにしろ、あえて企業に対して配活を行っていくことで、企業は新卒の希望を掴むことができ、新卒就活生の希望通りの仕事を任せてくれる可能性が出てくるでしょう。

 

それに、内定を得た後で新卒就活生から企業に仕事に関してのアプローチをかけることは、働くことへのやる気をアピールすることにも繋がります。

 

仕事へのモチベーションを高められるだけでなく、企業にも自身の意欲を上乗せで伝えられるのは良好な関係を築いていくうえでも重要になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

企業は多様化する働き方に備えて、新卒にさまざまな仕事を経験してもらいたいと考えて、本人の適性を考慮しつつ配属を考えます。

配活は前向きな姿勢をアピールしているようにも思えますが、見方を変えれば「この仕事以外やりたくない」とも捉えることができてしまうのがデメリットになってしまいます。

 

配活をすることで新卒がやりたいことを叶えられ、企業もそれで売上が伸びていけば幸せですが、配属先を決める立場によっては、「この新卒就活生は希望が通らなければやる気がすぐ落ちるのか」というマイナスの評価になる場合もあるので、配活をするなら企業の目線をもって考えて行う必要があるでしょう。

 

 

 

 

配活は良いことだけではなく憂慮すべき点も含まれているわけですが、働いてみた後で「思っていたのと違う」と考えてしまわないように、後顧の憂いを断つ意味で配活自体はしておくことをおすすめします。

 

前述したメリットデメリットをしっかり理解しつつ、きちんと入社前に自分の希望を相手に伝えることで、企業も最高のパフォーマンスを発揮してくれることを期待して配属を考えてくれるかもしれません。

 

ただ、しつこいようですが配活をすると決めたなら、自分の希望が必ず通ると大きな期待を持たないようにしましょう。

仮に配活した後で別の部署や職種を任されてしまうと、大きな期待を抱いていただけに返ってくるメンタルへのダメージも甚大になってしまいます。

 

また、せっかく配活をするのですから、配属後に早期的に業務に取り組めるよう、事前に内定者インターンシップや他社で開催されるインターンシップ、特定の業務について知見拡大を見込めるセミナー講習などに参加して、即戦力とまでいかないにしろ能力は高めておいた方が良いかもしれませんね。

 

=合わせて読みたい『配活』に関連する記事=

新卒就活生が同期と合わないと感じた時は就職先を変えた方がいい?

 

 

以上が配活についての紹介になりますが、新卒就活生がすぐに辞めてしまう原因には業務適性のミスマッチ、配属先への不安が大きく関係しているため、企業になじんで仕事にやりがいを感じるためにも内定承諾後に配活をしてみてもよいでしょう。。やらないで後悔するよりも、アプローチをかけて後悔した方が踏ん切りもつきますしね!