2021.10.08

例文公開!就活で活かせるセールスポイント・自己PRの書き方をご紹介

就活生のみなさん、“セールスポイント”をご存知でしょうか?セールスポイントは自己PRに盛り込むことができる大切な要素です。就活では、就活生の強みを自己PRなどでアピールすることになりますが、「自分のセールスポイントや自己PRを見つけるためには?」「セールスポイントと自己PRの違いはなにか?」「そもそもセールスポイントって?」と疑問に思う就活生もいるでしょう。そこで今回は、就活におけるセールスポイントと自己PRについて解説していくので、ぜひ就活にお役立てください!

 

 

 

 

 

 

セールスポイントと自己PRは同じような印象を受けますが、本当に同じものと捉えてよいのか、それぞれの意味と違いについて解説します。

 

 

セールスポイントとは、相手に自分を売り込むことのできるアピールポイントを指します。就活においては、自分の強みを活かして企業に貢献できることを表し、自己PRの一部として盛り込みます。つまり企業側からすると、セールスポイントはメリットと捉えられる内容になります。

 

 

自己PRは相手にとってメリットになるかを問わず、就活生自身の魅力を伝えるものです。

企業が求める人材像に近づけた内容でアピールすることで好印象となります。そのため、ただ自分の良さをアピールするだけが自己PRとなりますが、より良い自己PRとするためにはセールスポイントが必要となるのです。

 

就活において、企業に好印象を与える自己PRとするために必要な要素は、“セールスポイント”ということがわかりましたね。

 

では企業に好印象を与えるために、どういった自己PRを作成すれば良いのかを次から解説していきます!

 

 

=合わせて読みたい『自己PR』に関連する記事=

自己PRは意外と簡単!就活で評価される自己PRのポイントをご紹介

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる
  学生無料!就活支援付プログラミングスクールはこちら  >

 

 

 

 

 

 

就活で企業に好印象を与えるためのセールスポイントと自己PRできる要素の見つけ方、注意点をご紹介します!

 

まずはセールスポイントと自己PRできる要素の見つけ方から挙げていくので、セールスポイントと自己PRが思い浮かばない就活生は参考にしてくださいね。

 

 

セールスポイントと自己PRできる要素を見つけるためには、自己分析から始めましょう。まずは就活生自身の理解を深めることが重要となりますので、自分史の作成やWebやアプリで自己分析診断を活用することをおすすめします。自分史とは、今までの出来事を文章化したものです。その出来事に沿って成功したことなどを書き出していきましょう。

 

 

自己分析での内容も踏まえ、周囲の人から見たあなたの強みを教えてもらいましょう。家族や友人、先生や先輩・後輩など、あなたをよく知っている人に聞くことで、より自分自身を知ることができます。

 

 

自分の理解を深めることができたら、業界・企業研究を行いましょう。

業界・企業研究で、企業が求める人材や業界で必要とされているスキルなどを把握し、就活生自身のセールスポイントを活かした自己PRにすることが大切です。

 

就活生自身のセールスポイントやその背景を分析することができたら、次はセールスポイントを踏まえた、より具体的な自己PRを紹介していきます。

 

=合わせて読みたい『自己PR』に関連する記事=

長所・短所の見つけ方|就活初心者でも簡単にできる見つけ方をご紹介

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

 

就活でのセールスポイントと自己PRの例文を紹介していくので、自己PRに悩む就活生は必読です!

まずはセールスポイントと自己PRのポイントを把握しましょう。

 

【セールスポイント・自己PRの好印象となるポイント】

 

  • 最初に自分の強みを簡潔に伝える(セールスポイント)
  • 今までに成功したことや役に立ったことなど、セールスポイントの背景として具体的なエピソードを取り入れる
  • 志望する企業とマッチするような内容にする

 

では早速、セールスポイントのタイプ別に例文を挙げていきます。

 

 

『私の強みは、コミュニケーション能力があるところです。アルバイトでアパレル店員としてアルバイトをしていた時に、店員からあまり話しかけられたくないなどの様々なお客様がいらっしゃいました。そこで私は、簡単なアンケートや骨格診断などの提案を店長にしたところ実際に実施され、特にあまり話しかけられたくないようなタイプのお客様に対しては、店内の服の画像を骨格やパーソナルカラー別に分けた内容のものをタブレットで紹介しました。その後のアンケートでは、「店員さんに話しかけられることが苦手だったけれど、タイプ別に分けられたタブレットのおかげで抵抗を感じなくなりました!」とあり、話すだけがコミュニケーションではないことを実感できました。御社でもお客様の要望を引き出し、より一層の繁栄に貢献したいと考えています。』

 

 

『私の強みは意欲的なところです。生活困窮者に対して行われる、食事提供のボランティア活動をしていました。生活困窮者の中には家を持たず路上生活をしている人もおり、そういった人たちを見かけた際には、食事提供のチラシを挟めたポケットティッシュを配っていました。ただ、こういうボランティアをしていますよと声がけするだけなく、形として伝えることで、ボランティアの人たちだけではない周りの支え合いが生まれました。このことから、先を見通した行動をすることが大切なのだと再確認しました。御社では、ただ率先して動くのではなく、様々な見方を通して意欲的に役立ちたいと考えております。』

 

 

『私の強みは継続力があるところです。小学校から大学まで、サッカー部でした。また、中学からやると決めたトレーニングを今でもかかさず行っています。日々のトレーニングとサッカー部を続けていたことから、大会では個人部門でMVPをもらうことができ、続けることでどんどん身についていくものがあるということを実感しました。御社でも継続力を活かし、どんな困難でも乗り越えて活躍していきたいと考えております。』

 

セールスポイント・自己PRの注意点として、虚偽の内容や抽象的な内容はNGです。

虚偽の内容を伝えてしまうと、回答の辻褄が合わないことや今後の就活に影響する恐れもあります。

具体的なエピソードのない抽象的な内容ですと、就活生自身のことが企業や採用担当者に伝わりづらいため、具体性が必要です。

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

 

就活におけるセールスポイントとは、自己PRの一部となる自身の強みであることがわかりましたね。セールスポイントと自己PRできる要素としてお伝えした「自己分析」「他己分析」「業界・企業研究」の3つの分析から、セールスポイントと自己PRできる要素を把握しましょう!

今回ご紹介した例文を参考にし、“セールスポイント・自己PRの好印象となるポイント”も必ず把握しておくことで、好印象を与える自己PRになります。

 

弊社では、就活サポートのサービスを行っているプログラミングスクールとして、LESALTOを運営しております。

就活に対して不安な気持ちがある就活生は、ぜひLESALTOの活用をおすすめします。

 

 

 

※学生さんは全て無料でご利用いただけます。

 

 

勤務地などの希望条件をお伺いした上で、非公開求人を中心に最適な企業をご紹介しております。また、面接対策や履歴書作成のアドバイスをはじめ、転職で必要となるサポートをご提供いたします。

 

 

新人研修の講師経験もあるプロが作成したカリキュラムをもとに学習を進められます。実践的な内容になっていますので、確かな効果を実感いただけます。また、全てオンライン上で学習できるため、空き時間を使いながら自分のペースで学習できます。

 

 

現役のエンジニアを中心に、メンターが学習をサポートします。学習での疑問点や気になる点、また不安に感じることはチャットでご質問・ご相談が可能です。利用回数は無制限ですので、メンターサポートをどんどんご活用ください!