2021.10.19

就活の筆記試験ができなかったと感じた新卒就活生はどうすればいい?

就活では企業によって選考方法が異なりますが、筆記試験を選考方法の一つとしている企業は多いです。どのような内容で筆記試験が行われるのかわからない状態で筆記試験を臨むこととなり、上手くできなかったと感じる就活生は意外と多いです。そこで今回は、就活における筆記試験が上手くできなかったと感じる就活生に向けて、そんなときどうすればいいのかをご紹介していきます!

 

 

 

 

 

筆記試験の内容は、基礎学力や適性検査、社会的知識(一般常識)など、企業によって幅広いジャンルや専門的なことまで問われる場合もあります。

筆記試験の内容がわからず、筆記試験に苦手意識を持ち、どうしても自信が持てない就活生が実は多いです。

就活での筆記試験において、自信が持てないことにつながっている理由として考えられる原因を挙げていきます。

 

 

筆記試験で上手くできなかったと感じる就活生の多くは、筆記試験の対策不足によるものです。

出題方式の把握や自分に合った学習方法で筆記試験の対策ができていないと、ほかの就活生と差が出てきます。出題傾向や主題方式を把握し、学習しやすい方法で筆記試験の対策を行うことが大切です。

 

 

筆記試験の対策として、全ての問題に向き合おうと様々な学習分野に手を付けていては効率が悪いです。過去問や問題集を繰り返すことで効率良く勉強できます。

また、筆記試験で問題を解くのに時間がかかってしまい制限時間内に回答を埋められないという就活生は、難しい問題をあと回しにし、まずは解ける問題から早く丁寧に解いていくことで効率化と点数アップが図られます。

 

実際に筆記試験を終えた後で上手くできなかったと感じた場合、その後の行動はどうすればいいの?という就活生に向けて次に解説しますので、ぜひ参考にしてください!

 

=合わせて読みたい『筆記試験』に関連する記事=

就活での筆記試験の種類とは?筆記試験は種類別に対策して挑戦しよう!

 

 

 

 

 

もし筆記試験が上手くできなかったと感じたら就活生はどう動いたらいいのかをご紹介します。

落ち込むよりも次々と行動に移して、効率良く就活を進めていくことを意識しましょう!

 

 

筆記試験の後に次の選考がある場合はすぐにその対策に取りかかりましょう!筆記試験が上手くできなかったと感じたとしても、選考の結果はどうなるかわかりません。後悔しないためにも、しっかりと対策をしておくことが大切です。

 

 

筆記試験が上手くできなかったと感じた場合に見直すことも必要ですが、企業は限られてくるので早めに次の企業選定を行いましょう!選定結果のタイミングは企業によって異なるため、結果が出るまで待っていては効率が悪いです。ほかの企業の就活スケジュールもあるので、企業選定をしたら早めに応募していきましょう。

 

 

筆記試験が上手くできなかった後にすべきこととして、プログラミングスクールの活用がおすすめです。

実は就活サポートをしてくれるプログラミングスクールもあるのです。プログラミングという需要のある専門的スキルを身につけることができ、相談なども受けられる就活サポートなどのサービスが利用できるので、プログラミングスクールを活用してスムーズな就活にしましょう!

 

就活生によって得意不得意があり、分野やそもそも筆記試験が苦手、本番になって調子が出なかった…様々だと思います。

 

次は、筆記試験で残念な選考結果だったことから、不安や焦りを感じる就活生に向けた解説となります。

 

=合わせて読みたい『筆記試験』に関連する記事=

就活での適性検査|適性検査の種類&事前にできる対策方法をご紹介

 

 

 

 

筆記試験で上手くできず選考結果が残念だったとしても、次に活かして意欲的な就活が臨めるように、以下の考え方を参考にしてください。

 

 

ほかの就活生との比較や結果ばかりを考えてはいませんか?しかし、就活の成功が全てでもなく、ゴールでもありません。あなたに問題があるから選考の結果が良くなかったのではなく、企業とマッチしなかっただけということです。

 

 

選考が通らなかったことで、自分を否定されたような気持ちになる就活生もいるかもしれません。しかし、そこで落ち込んでいてはあなたの思い描く理想が現実になることは難しくなります。誰しも大なり小なり目標があるはずです。その目標を達成するために、次のステップへ進む必要があるのです。

 

 

選考が通らなかった・内定がもらえなかった理由よりも対策を講じることで、今後の就活でやるべきことが見えてきます。今回で言えば、筆記試験が上手くできなかったことの理由を考えると、余計落ち込んでしまうかもしれないので、対策を考えることで次の選考や今後、企業を受ける際に役立ちます。

 

就活で上手くできなかった時の考えた方3つを意識するかしないかで、今後の就活に大きく影響します。

筆記試験だけなくほかの選考でも同じ考え方を意識して、意欲的に就活に取り組むことで就活を成功に導くのです。

 

=合わせて読みたい『筆記試験』に関連する記事=

短期でできるSPI対策!まずはSPIについて理解しよう!

 

 

 

『筆記試験が上手くできかなかった後にすべきこと』『就活で上手くできなかった時の考え方』は把握できましたか?

今回は筆記試験が上手くできなかった場合について取り上げましたが、筆記試験だけに囚われず企業の選考の一つとして考えましょう。

あなたが志望する企業に限られた話ではなく、数多くの企業が存在しているため、筆記試験が上手くできなかった・内定をもらえなかったとしても、様々な選択肢があるのです。

 

また、自分だけで就活をしようとしても難しいときもあります。

そんなときは、筆記試験が上手くできなかった後にすべきこと③でご紹介した“プログラミングスクールの活用”をしましょう!

 

プログラミングスクールの中でも、弊社で運営しているLESALTO(リザルト)は完全オンラインで完結するプログラミング学習を受講することができます。

そしてLESALTOでは就活サポートが充実しているため、安心できるプログラミングスクールなのです。

学生のみなさんは全てのサービスを無料でご利用できます。

以下に、LESALTOのサービス内容をまとめていますので、少しでも気になった方はぜひご活用ください。

 

 

※学生さんは全て無料でご利用いただけます。

 

 

新人研修の講師経験もあるプロが作成したカリキュラムをもとに学習を進められます。実践的な内容になっていますので、確かな効果を実感いただけます。また、全てオンライン上で学習できるため、空き時間を使いながら自分のペースで学習できます。

 

 

現役のエンジニアを中心に、メンターが学習をサポートします。学習での疑問点や気になる点、また不安に感じることはチャットでご質問・ご相談が可能です。

利用回数は無制限ですので、メンターサポートをどんどんご活用ください!

 

 

勤務地などの希望条件をお伺いした上で、非公開求人を中心に最適な企業をご紹介しております。

また、面接対策や履歴書作成のアドバイスをはじめ、就活で必要となるサポートをご提供いたします(期間無制限)。