2021.10.11

LINEが就活でも活躍?新卒就活生に知ってほしいLINEの活用術

最近では、チャットツールやSNSを活用して採用活動を行う企業が増えてきました。その中でもLINEを活用して採用活動を行う企業もあります。簡単に連絡が取り合えるツールとして、今ではほとんどの就活生が利用しているのではないでしょうか。企業がLINEを使ってどのように活用しているか、就活生側がLINEをどのように活用することができるかなど…今回は、就活におけるLINEの活用について解説していきますので、ぜひ就活にお役立てください!

 

 

 

 

 

LINEの普及に伴い、無料でチャットや通話、現在ではニュースや電子決済などもできる便利なアプリとなっています。そんなLINEを様々な目的で活用する企業がありますが、その中でもLINEを採用活動として活用する企業が増えてきています。

 

ここでは、実際にLINEを活用して採用活動を行う企業が増えていることの背景や、就活においてLINEを活用することでどんなメリットが見込めるのかを解説します。

 

 

LINEは多くの人が利用しており、その多くの人に企業を知ってもらうことができるからです。LINEを利用する人の中には、現在就活中の人やこれから就活が始まる人など、就活に関わる人たちに宣伝する効果もあるのです。

また、LINEは公式アカウントの設定ができるため、企業側は効率的に、就活生側は安心して利用ができることから、就活におけるLINEを活用した企業が増えています。

 

 

  • やり取りが簡単

電話やメールよりもLINEの方が簡単で使いやすいツールだと感じている就活生は多く、企業側もLINEが手軽だと感じています。

LINEは、リアルタイムでスムーズにチャットができ、メールよりも写真や動画などを送ることが簡単です。

また、通知が来た時点でメッセージ内容がわかる通知設定や誰から来たメッセージなのかなど、わかりやすいことがLINEの特徴です。

 

  • 無料通話やメモなどの多彩な機能がある

LINEには無料通話があることから、チャットと通話の切り替えがスムーズにできます。

また、グループチャットやグループ通話という複数人でのやり取りも無料で行えることから、LINEで説明会を行う企業もあります。

LINEの機能は他にも、メッセージや画像などを保存できるKeepというメモ機能や、ビジネス用のアカウントであれば自動返信をしてくれる機能などがあります。企業はそんな多くの機能があるLINEを活用して、やり取りを効率的に進められるのです。

 

LINEは、次々と新たな機能が追加されていくので、益々便利になっています。

便利になっているからこそ、多くの人が利用していて就活でも活用されていることがわかりましたね。

 

次に、就活におけるLINEの活用方法について解説していきます。

 

=合わせて読みたい『就活ツール』に関連する記事=

あって良かった就活ツール|新卒就活生を助ける夢の就活ツールとは?

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

 

 

就活ではどのようにLINEを活用することができるのでしょうか?

ここでは、就活生がLINEを使用してできる就活をご紹介します。

 

 

企業のLINEを登録していると、企業の基本情報や説明会など、最新情報で送られてきます。

インターネットで調べなくとも、企業の方からLINEでお知らせしてくれるので、いち早く確認することができます。

 

 

就活生同士や先輩就活生から、就活に関する情報を聞くことや情報ができます。

LINEであれば手軽に友達登録ができ、グループチャットやグループ通話の機能を通して、就活に関する情報共有が可能です。

 

 

就活に活かせる情報は、Keepやスクリーンショットを活用して保存しておきましょう。

また、企業の通知に気付きやすく、やり取りがスムーズになるようにピン留めをしておくと、企業とのチャットルームがトークの上に並べ替えられるので便利です。

 

簡単で便利なLINEですが、企業とのやり取りがLINEの場合、メールとは異なるため困惑してしまうこともあるでしょう。

 

そこで次は、企業とのLINEで気をつけたいことについて解説しますので、就活生は必ず把握しておきましょう!

 

=合わせて読みたい『就活ツール』に関連する記事=

アプリで管理?紙の手帳で管理?就活生のスケジュール管理事情|新卒

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

 

 

就活生が企業とのLINEでどのようなことに注意する必要があるでしょうか。

就活で気をつけたいLINEマナー5つ挙げていきます!

 

 

緊急を要することや突然の予定キャンセルなどは、LINEではなく電話をしましょう。

LINEは簡単なコミュニケーションツールの一つですが、就活シーンでは電話やメールが一般的です。

LINEで済ませようとするのではなく、企業に電話をすることで「常識のある就活生だな」という印象を与えられます。

 

 

就活マナーでは、企業に連絡をする場合、企業の営業時間内でのやり取りが一般的です。

『LINEならいいよね』と、LINEは手軽なツールだから浅はかになってしまうかもしれませんが、相手の状況や就活マナーを考えてLINEを活用しましょう。

 

 

LINEは簡単にチャットや通話ができる分、送るはずではなかったスタンプを送信してしまうことやLINE通話ボタンを押してしまうことがあるかもしれません。

そもそもスマートフォンは、簡単にタップで操作できることから誤操作をしやすい機械でもあるため、LINEのように多くの機能があるアプリでは、設定によっては一度タップしただけで誤操作につながる可能性があるので要注意です。

 

 

LINEだと緊張感が薄れ、特にチャットでは友達や家族とのLINEと同じような文章になっているかもしれません。

普段のコミュニケーションツールとしてLINEを使っている就活生がほとんどだと思いますが、就活マナーを忘れずに丁寧な言葉遣いを意識しましょう。

 

 

LINEのアイコンや名前は、シンプルなものにしておくと問題ないです。

誰なのかわかりにくい名前や不適切なアイコンは避け、過去のタイムラインは見られないように設定するなどをして、LINEの設定の変更や確認をしましょう。

 

就活におけるLINEの活用は、あらかじめ自分のLINEの設定を確認しておくことが大切です。

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

 

今回は、就活におけるLINEの活用について解説しました。

LINEは無料で多彩な機能を活用できるため、企業側も就活生側も多くの人が利用しています。

しかし、日常のコミュニケーションツールとして当たり前になっているLINEは、マナーに欠けた言動に気付けないこともあるかもしれません。

そこで、今回お伝えした“就活生が気をつけるべきLINEマナー”を確認した上で、就活でのLINEを活用しましょう!

気になっている企業もLINEを導入しているかもしれないので、要チェックです。

 

弊社では、就活サポートのサービスを行っているプログラミングスクールとして、LESALTO(リザルト)を運営しております。

スムーズな就活にしたい!や、就活に対して不安な気持ちがある就活生は、ぜひLESALTOの活用をおすすめします。

 

 

 

 

※学生さんは全て無料でご利用いただけます。

 

 

勤務地などの希望条件をお伺いした上で、非公開求人を中心に最適な企業をご紹介しております。また、面接対策や履歴書作成のアドバイスをはじめ、転職で必要となるサポートをご提供いたします。

 

 

新人研修の講師経験もあるプロが作成したカリキュラムをもとに学習を進められます。実践的な内容になっていますので、確かな効果を実感いただけます。また、全てオンライン上で学習できるため、空き時間を使いながら自分のペースで学習できます。

 

 

現役のエンジニアを中心に、メンターが学習をサポートします。学習での疑問点や気になる点、また不安に感じることはチャットでご質問・ご相談が可能です。利用回数は無制限ですので、メンターサポートをどんどんご活用ください!

 

一緒に納得のできる就業先を見つけましょう!