2020.06.12

確保しておきたい!コスパよく滑り止めの内定を狙うには。

就職活動では自身が志望する企業の選考に落ちた場合のために、他社の内定を確保しておく「滑り止め」があるほうが、その後の就活もし易くなります。本命の企業が1つでも複数でもあった場合は、滑り止めの企業も複数選考されることが望ましいでしょう。滑り止め企業から内定が出た場合と落ちた場合なども参考にしていただけたら幸いです。

この先は会員限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。