2020.04.14

SNS対策を念入りに行い、選考の不安要素を減らそう!

若い層には身近な存在であるLINEやTwitter、FacebookやInstagramといったものの活用法は、学校外のコネクションを獲得したり、趣味嗜好への共感や就活に関する情報交換などと多岐にわたります。一見、利便性に富んで豊かさが生まれやすいように思えますが、SNSに記載した情報は赤の他人に自分がどんな人間かを客観的に判断する材料としても使われ、場合によっては関わる内に嫌悪の対象へと挙げられかねないという危険性も孕んでいます。これは“普通の人”ではあまり当てはまらないのですが、常日頃からSNSでネガティブな振舞いをしている人は要注意。とりわけ自分自身を企業に売り込む事に余念のない就活生は気を付けるべきです。

この先は会員限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。