2019.04.08

目に見えない「ストレス」をコントロールして就活を乗り切ろう

「お目当ての企業に入る」ために、学生は数多くの作業に取り組む必要があります。通常の学業や部活動(サークル)をしつつ、企業の選定や自分をよく知るための分析にクオリティーの高いESや履歴書の作成、OB訪問や説明会にインターンといったイベントなどなど、就活のゴールにたどり着くには相当の苦労を重ねなければならないのです。そうなってくると問題になるのが学生の精神衛生。肉体のダメージは時間が経てば自ずと自然に回復していくものですが、ストレスによる精神面のケアを怠ってしまうと、心身共に悪影響を引き起こし長期に渡って苦しむ羽目になります。

この先は会員限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。