2019.03.25

売り手市場がもたらす求人倍率と競争率

「求人倍率」とは、仕事を求めている就活生や求職者1人に対して、何件の求人があるのかを表す数値です。求人倍率は、企業の雇用状況や経済状態の判断材料として利用されています。具体的には、厚生労働省が職業安定所(ハローワーク)で使用している「有効求人倍率」と「新規求人倍率」が代表的です。現在、少子高齢化による労働人口減少傾向と近年の景気回復傾向により、新卒就職市場は売り手市場になっております。よって、現在の就活生には有利な状況とも言えるでしょう。あまり馴染みがない言葉も多いので、それらを説明しながら紹介いたします。

この先は会員限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。