2019.10.01

令和の就活-パンテーンが示した令和の新たな就活

「就活では学生の個性を見たい!」。年々、採用活動をする企業間でそう囁かれながらも、同じ服装、同じような髪型で、誰しもが就活に臨むことを強いられる現在の学生就活市場。ネットや各メディアでは、学生達がリクルートスーツに身を包み説明会やらセミナーやらに参加する様子を「葬式」と揶揄されるほどであり、その没個性的な姿を見る誰もが変革を望んだことでしょう。そんな就活の在り方に疑問を呈し、一石を投じた存在が『#令和の就活ヘアをもっと自由に』と声を上げたパンテーンです。令和以降の就活ヘアの自由化を掲げ、多くの企業や若者達の注目や賛同を集めたわけですが、この取り組みを機に、凝り固まった就活への見方が大きく覆るかもしれません。

この先は会員限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。