2019.01.18

コンサルタント

コンサルタントは、クライアント企業の経営上の課題を解決する仕事をします。例えば、商品の売り上げをあげるにはどうしたらいいのか、このシステムを変えるにはどうしたらいいのか、などです。クライアントの企業が行き詰まった課題に対して、第三者として調査や分析をした上で、解決方法を提示していきます。 今、時代の移り変わるスピードが10年、20年前と比べて早く、その変化に企業がついていくためには、コンサルタントが必要になっています。コンサルタントが必要ですが、人手が足りていないのも現状です。人手が足りていないがために、クライアントからの仕事の申し入れがあっても断ってしまわないといけない状況になってしまっています。そのため、各コンサルティングファームは新卒、中途採用に力を入れています。また、女性の占める割合も低いため、女性の雇用を増やす努力もしています。女子学生のための、女性コンサルタントとの座談会が設定されることもあり、育児休暇などの生のお話を伺うこともできます。また、女性が出産し育児休暇を取りやすい環境を提供できるように努める企業も目立ってきています。

この先は会員限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。